標準区分別記号

 主に緑化樹木の業界で使われている区分です。高木と低木の区別は明確に決められているわけではありませんので、このサイトでは一般家庭の庭に植え込むとき、配置を考えたり管理面で役に立つよう、3mを基準として分けています。環境、年数によって低木でも3mを超えることがあるので、あくまでも目安として下さい。なお、針葉樹は英語でコニファー(conifer)といいます。

常緑樹

 一年中落葉せずにみどり(色は様々ですが)を保ちます。北国では針葉樹に含まれるものが多く、広葉樹は極めて少ないのが現状です。

記号 区分名 分類区分の説明(当社基準による) 生産・販売植物名
高木性常緑広葉樹 高木性広葉樹 成長が早く、播種または挿し木などによって、10年以内に樹高が3mを超える広葉樹。

該当なし

低木性常緑広葉樹 低木性広葉樹 成長が緩慢で、実生または挿し木苗から10年でも樹高が3m未満の広葉樹。または匍匐性、這性の広葉樹。

エゾムラサキツツジ

高木性常緑針葉樹 高木性針葉樹 成長が早く、播種または挿し木などによって、10年以内に樹高が3mを超える針葉樹。

アカエゾマツ

ニオイヒバ

低木性常緑針葉樹 低木性針葉樹 成長が緩慢で、実生または挿し木苗から10年でも樹高が3m未満の針葉樹。または匍匐性、這性の針葉樹。

モンタナマツ

ニオイヒバ「ミニタワー」

つる性常緑広葉樹 つる性広葉樹
匍匐性広葉樹
自立せず地面を這う(匍匐する)または他のものに吸着または巻き付きながら成長する広葉樹。

ツルマサキ

コトネアスターダンメリ

落葉樹

 区分のなかでは最も多くの種類を生産・販売しています。基本的には秋に落葉する植物です。

記号 区分名 分類区分の説明(当社基準による) 生産・販売植物名
高木性落葉広葉樹 高木性広葉樹 成長が早く、播種または挿し木などによって、10年以内に樹高が3mを超える広葉樹。 エゾヤマザクラ
低木性落葉広葉樹 低木性広葉樹 成長が緩慢で、実生または挿し木苗から10年でも樹高が3m未満の広葉樹。または匍匐性、這性の広葉樹。 ライラック
高木性落葉針葉樹 高木性針葉樹 成長が早く、播種または挿し木などによって、10年以内に樹高が3mを超える針葉樹。

カラマツ

メタセコイア

低木性落葉針葉樹 低木性針葉樹 成長が緩慢で、実生または挿し木苗から10年でも樹高が3m未満の針葉樹。または匍匐性、這性の針葉樹。 モンタナマツ、ビャクシン類
つる性落葉広葉樹 つる性広葉樹
匍匐性広葉樹
自立せず地面を這う(匍匐する)または他のものに吸着または巻き付きながら成長する広葉樹。

ノブドウ、ヤマブドウ

ロニケラ属

草花類

 当社での生産は多くはありませんが、北国に適した特徴ある多年草を中心とした草花も生産しています。

記号 区分名 分類区分の説明(当社基準による) 生産・販売植物名
多年草または一年草 多年草または
一年草
* オンファロデス・ウェルナ
ペルシカリア・アフィニス
球根類 球根類 * *
グラス類 グラス類 * *
シダ類 シダ類 * *