生産販売品トップページに戻る

4

5



チシマザクラ
Prunus nipponica var. kurilensis


チシマザクラ(普通)
チシマザクラ(淡桃)
紅葉
樹形
ミネザクラ


分 類

バラ科、サクラ属

原産地

本州中部から北海道、千島列島、サハリン

類 別

落葉性、中木性、広葉樹

特長、性質

 サクラの仲間ですが、大きくならずに花をつけ*、耐寒性に優れた花木です。桜色または白色の花を、北海道では5月中旬から下旬にかけて開花させます。なお花のより色の濃い個体もみられ、エゾヤマザクラなどとの種間交雑によるものと考えられていますが、確証はありません。皮肉なことにこうした色のものが好まれているようです。株立ちになるタイプが多く、高さは3-5m位になります。
 特に土地を選びませんが、他のサクラに準じて、排水性、保水性に優れ、肥沃な場所が無難です。また横に広がる性質なので、比較的広い場所を選んで植えて下さい。

 耐寒性は抜群で、北海道内どこでも全く問題はありません。本園では非常に寒いためにエゾヤマザクラの場合、花は限られた数しか咲きませんが、本種では満開になります。
 強剪定にならないよう気をつければ、エゾヤマザクラほど難しくありません。
 毛虫が発生することがありますが、ほかのサクラに比べ頻度は少なく軽微です。

その他

 * 高さ1メートル(4年生苗木)でも花を咲かせるので、さほど広い庭でなくとも桜の花が楽しめます。庭園木として一本植えてみたい花木です。
 タカネザクラ (Prunus nipponica) の変種。変種名の kurilensis は、千島(クリル)列島を意味します。



生産販売品トップページ

(主要樹種)|
アズキナシアメリカザイフリボクエゾエノキエゾノコリンゴチシマザクラ
エゾアジサイエリカ、カルーナオウゴンシモツケオウゴンテマリシモツケギンフミズキ
キンロバイ||コトネアスターツルシキミハクロニシキベニウツギライラックレンギョウ
ニオイヒバビャクシン類モンタナマツシバザクラダイアンサスドラバペルシカリア

有限会社 川原花木園