施工・管理

庭づくりのアドバイス・企画・設計(1)

 取引先の施工業者さん、個人のお客様から様々な相談をいただきます。当社では自ら庭を施工管理するだけでなく、このような場合は庭の基本的な計画・立案なども行っています。


 ひとつの例として、施工業者さんより施主から和風庭園の改修を、また追加工事として住宅横の草花中心に作られた部分を何とかして欲しいと依頼されたが、どうしてよいのかわからないとの相談を持ちかけられました。施主さんからの条件とはおよそ次の通り

 現地を確認した際、解体予定の物置をガーデンハウス風に再利用するというアイデアを提案。母屋(住宅)からの眺めと利便性、伐採予定だったナナカマドの位置関係を考慮し、違和感のない場所に移動させることにしました。(図のAからBへ:敷地に対して物置を斜めに配置したことも重要。他でも応用の出来る考え方です。)

アドバイスのポイント

 お客様のご要望や庭の制限事項・問題点を考慮しながら費用対効果を最大限に引き出すことを前提に計画を立てます。

 この事例の場合は、使われなくなった物置を庭の主人公として存在感を持たせ、物置として再利用できる位置に低予算で達成しました。既存の樹木を活かすことも忘れてはいません。このように単にお金をかけずにアイデアを駆使することの大切さなど様々なご提案をいたします。

改修前の物置

基本計画図

改修後の物置